ともやののほほん映画覚え

アクセスカウンタ

zoom RSS 踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

<<   作成日時 : 2004/08/21 04:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【2003年・日本】ビデオで鑑賞(ともや評価:★★★☆☆)
劇場公開時は空いたら観に行こうと思いつつ、気がつくと公開終了。よって今更ながら時代に一歩遅れての鑑賞です(笑)。
湾岸署の刑事たちの活躍を描いた劇場版第2弾。湾岸署の管轄であるお台場は、ここ数年間ですっかり観光地化してしまい、湾岸署の刑事たちは相変わらず大わらわ。強行班係の青島俊作(織田裕二)は連続噛み付き魔の事件を、盗犯係の恩田すみれ(深津絵里)はアットホームは4人家族によるスリ事件を追っていた。そんな中、会社役員の変死体が発見され、湾岸署に捜査本部が設置される。捜査の指揮を執るためにやってきたのは、警視庁初の女性管理官の沖田仁美(真矢みき)だった。それ以外にも署長の不倫疑惑メール事件など、様々な事件が同時進行していく。
本当なら配役名とキャストを出来る限りここでは書いていこうと思ったけど、あまりにも登場人物が多いので割愛なのです。
所轄の事件と捜査本部の事件。
所轄の刑事を駒としか見ない管理官と現場の確執。
…それなりに面白かったんだけど、今までTVシリーズとスペシャルが4本、そして劇場版と、ある程度予定調和が出来上がってしまってるんだよね。
まるで都市伝説のバリエーションのように細かい変化はあるけれど、大筋は変わらない。
これはこれでいいのかもしれないけど、TVシリーズを初めて見た時のドキドキ感が味わえるような劇的な変化が欲しいところ。
沖田管理官のキャラもちょっと踊る的には弱かったしね。ヒステリックで無能なキャリアにしか見えなかったもん(それが今回の狙いなのかもしれないけど)。
新城管理官が登場した時みたいに、筋が通っている命令なので所轄の連中は反論できず、でもそのシステムには反発し…みたいなやりとりの方が面白かったなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! ともやののほほん映画覚え/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる