ともやののほほん映画覚え

アクセスカウンタ

zoom RSS スパイダーマン2

<<   作成日時 : 2004/08/24 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

(原題:SPIDER-MAN 2)
【2004年・アメリカ】劇場で鑑賞(ともや評価:★★★★★)
1967年6月に発行されたアメコミ「アメージング・スパイダーマン」第50号、「スパイダーマン・ノー・モア」のエピソードを重要なプロットとした劇場版の第2弾。
前作でクモの不思議な力を手にし、グリーン・ゴブリン(ウィリアム・デフォー)を倒したスパイダーマンことピーター・パーカー(トビー・マグワイア)。正義の味方と学生とバイトの両立は難しく、それらは全てマイナスの結果しかもたらさなかった。悩むピーター。ある日、親友のメリー・ジェーン(キルスティン・ダンスト)とハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)はピーターの誕生日を祝うためにサプライズ・パーティを開いた。MJは役者として活躍し、ハリーは父の会社を引き継ぎ、それぞれ成功を収めている。その夜ピーターはMJに恋人が居ることを知らされる。悩むピーター。ピーターは論文を書くために尊敬する科学者Dr.オットー・オクタヴィウス(アルフレッド・モリーナ)をハリーに紹介してもらう。そしてオクタヴィウス博士の核融合実験で事故が起き、人工知能を持った人工アームがアクタヴィウス博士を支配してしまう。ドッグ・オクの誕生である。ドッグ・オクは再び核融合実験を成功させようと資金集めのため銀行を襲い始める。それを阻止するもドッグ・オクには逃げられてしまい、自分が銀行強盗であると新聞に書かれる。悩むピーター。MJから結婚の報告を受ける。悩むピーター。親友のハリーは父親(グリーン・ゴブリン)を殺したスパイダーマンを憎んでいる。悩むピーター。ヒーローであることに疑問を感じ始めたピーターから特殊能力が消える。悩むピーター。ピーターはスパイダースーツを捨てた。どうなるスパイダーマン? 
ってな感じで終始ピーターは悩みっぱなし。
そして何回観ても可愛く思えないキルスティン。
「3」はこいつと闘うことになるのね…といった伏線もあり、次回作がますます楽しみなところ。頼みますよサム・ライミ監督。
そして一番の収穫は、ダニー・エルフマン(「ハルク」「ビートルジュース」「バットマン」「M:I」)の劇中音楽。これがまためちゃくちゃ格好良いのだ。現在サントラは歌ばっかり集めたコンピ盤しか発売してないが、スコア盤を是非発売して欲しいぞ。

追伸。
調べてみたらスコア盤って、輸入盤で出てました。タワーレコードに行かなくっちゃ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「スパイダーマン2」を観ました!!
というわけで、新宿から帰った日はオフだったんで 映画を観て、精神を現実から解放することにしましたー!(意味不 ...続きを見る
たっちの病弱日記(主に風邪)
2006/01/18 16:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ボクも『スパイダーマン2』は大好き! 監督、脚本、主演がここまでうまくかみ合う映画も少ないと思う。ヒーローであり続ける苦悩を丁寧に描き、それをトビー・マクガイアがホントに熱演してる。再びスパイダーマンとして活躍することを決意して、ビルの合間をビュンビュン飛び回っているシーンは、マジ鳥肌! でも、こういう映画を撮って大ヒットしちゃうと、サム・ライミ監督は『死霊のはらわた』シリーズはもう撮れないかしら?(涙) ひそかにテレビ放送のみの『ザ・マンティス』っていう障害者ヒーロー(?)ものも結構好きなんだけどなー。 
むねむね
2004/08/25 13:35
いらっしゃいませ、むねむねさま
サム・ライミはスパイダーマンが好きで好きでしょうがなく撮ってるという人だから、
多分大作とかマイナーとか気にしない人だと思うよ。
>ひそかにテレビ放送のみの『ザ・マンティス』っていう障害者ヒーロー(?)ものも結構好きなんだけどなー。
その作品は知らないぞ、チェックチェック。
おいらはサム・ライミが制作総指揮のTVシリーズ「クレオパトラ2525」(邦題は「スパイダー・エンジェル」(苦笑))が好き!
ともや
2004/08/25 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
スパイダーマン2 ともやののほほん映画覚え/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる