ともやののほほん映画覚え

アクセスカウンタ

zoom RSS ファム・ファタール

<<   作成日時 : 2004/09/01 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(原題:FEMME FATALE)
【2002年・アメリカ】ビデオで鑑賞(ともや評価:★★☆☆☆)
したたかに生きていく女の姿を描いたサスペンス映画。
物語はパリで行われたカンヌ映画祭から始まる。ロール(レベッカ・ローミン=ステイモス)とブラック・タイ(エリック・エブアニー)らはこの映画祭に進入。ロールはカメラマンに変装し、 385カラット(1000万ドル相当)のビスチェを身につけたモデルのヴェロニカ(リエ・ラスムッセン)に近づき、そのビスチェを偽物とすり替えることに成功する。しかし、ロールは仲間を裏切り、ビスチェを持って逃亡、ブラックは警察に捕まった。逃亡中、ロールは自分とそっくりな女リリー(レベッカ・ローミン=ステイモス)に出会う。仲間の報復を恐れて、世間に姿を見せないロールをパパラッチのニコラス・バルド(アントニオ・バンデラス)がスクープする。ロールは女の武器をフル活用して生き残るために行動を始める…。
…。
監督はブライアン・デ・パルマ。
大好きなバンデラスにレベッカ・ローミン=ステイモス(「X-MEN」のミスティーク)…これで面白くないわけないんだけどなぁ。
最初の30分(ビスチェを盗み出すまで)は面白かったんだけど、それ以降はデ・パルマが何を描きたいのか曖昧になってしまっていて今ひとつ盛り上がらなかったのである。

ここからはネタバレです。

そしてラストは●オチかい! 
その●を踏まえてロールは別の選択肢を選択することになる。
「ボレロ」のようなイカす音楽を担当したのは坂本龍一。
見所はほとんど裸に近いビスチェ姿で頑張ったモデルのリエ・ラスムッセン。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファム・ファタール ともやののほほん映画覚え/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる